シワやたるみがスッキリ

注射

美容クリニックで、ボトックス注射を受ける女性が急増しています。施術は短時間で済み、費用も安いのが特徴的です。ダウンタイムむ少ないので、仕事や家事等に支障が出る可能性は殆どありません。医療技術も向上し、傷跡も目立ちませんのでご安心下さい。

注入後の注意点

女性

ボトックスの注射を打ってから、その効果を高め持続させるためには、普段の生活を送るなかで気をつけてもらいたいことがあります。本当に小さな些細な注意事項かもしれませんが、しっかり守ることによって効果の持続の感じ方が異なるはずです。

傷跡が残らないのが特徴

医者

しわを目立たなくする効果

40代、50代と年齢を重ねると、お肌にハリや弾力が無くなってきて、額のしわやほうれい線などが目立ってきます。しわが目立ってくると、年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、美容整形の施術を受けたい人が増加しています。ボトックスは美容外科では大変ポピュラーな治療法になっており、しわの気になる部分の筋肉に注射器で注入することで、しわやほうれい線を目立たなくする効果が期待できます。若い20代、30代の人も、エラが張っているので悩んでいる人が増えています。骨を削る方法には抵抗を感じている人が多いですが、エラの気になる部分にボトックス注射を行うことで、すっきりしたフェイスラインを保ったり、小顔効果が期待できます。美容外科のクリニックでは、痛みを最小限に抑えるためにアイシングなどを事前に行ったり、麻酔をしてくれるので、痛みに弱い人も安心できます。メスで切開をする方法に比べると、腫れや内出血なども少なく、幅広い年代の人が施術を受けています。ボトックス注射は、メスを使用しないので、傷跡が残る心配がありませんし、数日を経過すると自然な仕上がりが特徴です。信頼できる美容外科のクリニックでは、高い技術を持った医師が在籍をしているので、安全性の高い施術を心掛けています。額やほうれい線、二重あごを目立たなくしたい人は、施術時間も10分から、15分程度で終わるので、体に負担が少ないのが特徴です。ボトックスはボツリヌス菌を使用していますが、毒性などはないため、体に影響はほとんどありません。メスを使用するフェイスリフトや、エラ削りなどの美容整形に抵抗がある人は、まずは医師に相談をして下さい。現代は体臭の悩みを持たれている人が増えており、わきがや多汗症などで悩んでいる人が少なくありません。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、ボトックス注射によるわきが、多汗症治療なども行っています。発汗がしやすい部分に注射を行うことで、アポクリン汗腺の発汗を抑える働きがあります。半年から一年ぐらい効果が持続するので、汗をかきやすい時期だけ行うと良いでしょう。

効果がある症状

水着の人

神経伝達物質を抑制するボツリヌス菌の働きを、美容や健康のために応用したのがボトックス注入という医療行為です。ボトックス注入は汗止めやわきがの解消、表情じわの予防や輪郭形成などに利用されていて、たった数分の施術で劇的な効果があります。

小顔だけじゃない美容術

注射器

ボトックスは、気になる部分に注入することで、筋肉と神経に働き、様々な美容効果を得ることが出来ます。小顔美容やしわの改善の他、脚に注入することで部分痩せも可能。わきがや多汗症の治療にも使うことが出来ます。

薬剤の違いと特徴

頬を触る人

日本で最も広く流通しているのはアメリカ製のボトックスで、やや高額ですが安心感があります。ドイツ製は高額ですが効果が薄れにくく、イギリス製は多汗症の治療などに使用され、韓国製は価格が安いという特徴があります。