女の人

注入後の注意点

女性

効果持続のために守ろう

ボトックスを注射した後には気をつけないといけないことがあります。ボトックスの効果を持続し、高めるためにも施術後の注意事項はしっかりと一度整理して 、確かめて守りましょう。まず、ボトックス注射後は、約4時間程度は横にならないようにして下さい。これは、注射剤が体内に入り、他の箇所に流れていくのを防ぐためです。ボトックスの注射剤は筋肉を麻痺させたり、脂肪に変えたりすることができる注射剤です。顎の筋肉をなくしたいとボトックス注射をするならば、集中的に顎の筋肉に注射剤が注入されます。そのため、このと横になってしまったら、その注射剤の液が、他の箇所に流れ出てしまい効果が得られないこともあるのです。もし他の箇所に流れてしまい、思わぬところが麻痺してしまうということはないのが唯一の救いでしょうか。しかし、せっかく注射したのに効果が落ちてしまうのは悔しいですよね。次に気をつけてもらいたいのは、注射してから2週間くらいは、温泉やサウナ、岩盤浴などの高温で熱気が高いところに行くのはやめて下さい。高温で熱気が高いところに行って欲しくない理由は、やはり熱さによって、注射剤が他の箇所に流れて広がってしまい効果が薄れるからです。ボトックスの注射剤は、顎の筋肉に集中的に広がることで効果を得るます。そのため、注射してから2週間くらいは、高温で熱気が高いところは避けることをお勧めします。有難いことに、洗顔やシャワーなどは問題ないので、日常には対して影響がないため守りやすいはずです。他にも、食事においても注意点があります。注射してからは、食べてはいけないものはないのですが、硬い食べ物はできるだけ避けることをお勧めします。硬い食べ物を噛むことで顎の筋肉を使えば使うほど、その部位の筋肉が発達するため、少なからず効果に影響を及ぼします。注射で筋肉を麻痺させても、その後、同じように顎の筋肉に無理させると、効果が落ちてしまいます。最後の注意点は、注射後、1週間程度はタバコやお酒、または無理な運動をすることを避けましょう。これらももちろん効果持続のためです。ボトックスは、簡単に注射で注入できますが、効果を高め持続するには、小さな些細な注意事項を守ることかが大切です。